2010年11月30日

「店から逃げたが追いかけられ…」海老蔵さんが説明

東京都港区の飲食店で歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(32)が殴られ重傷を負った事件で、海老蔵さんが警視庁目黒署に対し、「店の中にいてトラブルになって逃げ出したが、追いかけられ、外で殴られた」と説明していることが28日、捜査関係者への取材で分かった。

 海老蔵さんはこれまで、同署に対し「知人の知り合いの暴走族を名乗る外国人風の色の黒い男に殴られた」と説明、被害届の提出については「考えさせてください。事務所と相談して決めたい」と話しているという。

 捜査関係者によると、海老蔵さんは港区西麻布のビル11階の飲食店でトラブルになったとみられるが、「何階の店だったか分からない」と話している。同署はビル11階から下の外階段で見つかった血痕についてDNA型鑑定を進める。海老蔵さんは逃げる際に携帯電話を紛失。ほお骨にひびが入るなど4週間の重傷を負い、都内の病院に入院している。


posted by ビブラム at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市川海老蔵さん、6週間の重傷=逃げる際、携帯電話紛失か―警視庁

歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(32)が負傷した事件で、市川さんは6週間の重傷だったことが29日、捜査関係者への取材で分かった。当面、都内の病院に入院し、治療を受けるという。
 警視庁捜査1課は市川さん側から被害届を受理しており、傷害事件として捜査。東京・西麻布の雑居ビル11階外階段から下に続いていた血痕のDNA型鑑定を進め、同階に入居する店の現場検証をする方針だ。
 捜査関係者によると、市川さんは顔を数回殴られたとみられ、左ほお骨にひびが入ったほか、前歯が欠け、鼻がはれるなどして6週間の重傷という。
 「防御するのが精いっぱいだった」との趣旨の話をしており、拳に目立った外傷がないことから、一方的に暴行を受けたとみられる。
 帰宅時に携帯電話を持っておらず、同課は暴行現場から逃げる際に紛失したとみて調べる。 

posted by ビブラム at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。